matohu matohu

ABOUT US

BRAND CONCEPT

matohu(「まとふ」と書いて「まとう」と読む)には2つの意味が込められている。
一つは日本語の「まとう」。
身体を包み込むように軽やかに身にまとう服。
もう一つは「待とう」。
消費して捨て去るのではなく、自分らしい美意識が成熟するのを待とうという呼びかけ。

「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに、
歴史や文化、風土から生まれるデザインを、
日本人らしいオリジナルなスタイルで発信し続けている。

BRAND PROFILE

2005年 matohu ブランドスタート
2006年 JFWに参加。以後東京コレクションで発表。
2008年 スペインサラゴサ万博日本館制服をデザイン。
2009年 毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。
同年 アジアファッション連合会ベトナム・ハノイ大会で講演。
2011年 「matohu慶長の美」展をスパイラルで開催。
7月 直営店表参道本店を開店。
丸亀市猪熊弦一郎美術館杉本博司展でショーを開催。
10月 オペラシティアートギャラリー「感じる服 考える服」展 に参加。
2012年 神戸ファッション美術館の同展に参加。
2012年 7月〜11月 「matohu 日本の眼ー日常にひそむ美を見つける」展を金沢21世紀美術館デザインギャラリーにて開催。書籍『言葉の服』出版。
2013年 インターナショナル・ウールマーク賞 日本代表に選出。
2016年 「BOROの美学」展に参加。神戸ファッション美術館
2017年 「慶長の美」展 静岡市CCCにて開催。
「STYLE MEISEN」展 銀座松屋デザインギャラリー。
「CO-GIN STITCH」をミラノサローネにて発表。

DESIGNER'S PROFILE

photo: Martin Holtkamp

堀畑裕之  関口真希子 堀畑は大学で哲学を、関口は法律を学んだ後、文化服装学院で出会う。企業のパタンナーとしてパリコレクションに携わった後、ともに渡英。ロンドンコレクションに携わる。
帰国後、2005年matohuを設立。
パターンを大切にする「服作り」と、綿密に組み立てられた「言葉」を大切にし、オリジナルテキスタイルを用いた芯のぶれないクリエーションを続けている。

pagetop